topimage

2017-05

工事進捗報告 - 2008.05.02 Fri

プール

アスファルト第一段階終了です。

ご覧ください。


綺麗でしょう!


右側がビッグサイト(んっ?どっかで聞いたような)
ビッグ台が2台とモーグル台が設置されます。

真ん中ですが、ミッドサイト
いわゆるミディアム系の台が4台作られます。

そして、一番奥がスモールサイトです。
講習やエントリー向きが2台。
さらにはソリでも楽しめるエリアなのです。


左側には、受付やレンタル、更衣室、そしてロッカーなどなど
建築群が設置されます。


工事は、真成建設さんが連休返上で頑張ってもらっています。


河口湖WJの工事、テイネ、木崎湖、そして白馬、
K-air、S-air・・・・・・と

工事レベルが着実にあがってきていますが、

今回の工事内容は、別格ですばらしい。



きっと、アプローチを滑ってみて、そのなめらかさ、スピード
減速比、、など経験者の方は、きっと驚くだろうね。

その表情が思い浮かびますよ。


ということで、本日のレポでした。


スポンサーサイト

工事状況報告 - 2008.04.30 Wed

大阪ウォータージャンプ O-air の入口の目印です。

ひとまず現時点では看板はありませんが、多くの方が知っている看板があります。

O-air入り口

以前、場所は紹介しましたが、阪奈道路の下り側(大阪>奈良方向)、坂を登り切る前に「白い馬」のリアルな看板があります。
そして、大阪産業大学生駒キャンパスの大きな看板。
もう一つ、楠公寺の看板。

ここから入って約400mで現地にたどり着きます。

阪奈道路を大阪から奈良方面に向かう下り車線からは、この白い馬の看板からスムーズに進入できます。
奈良側から来られる場合は、右折ができないため次の信号でUターンし下り車線に入ります。

http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E135.40.4.9N34.42.52.5&ZM=11&CI=R

最近、工事中に結構多くの人が視察に来ているようですね。

まっ、WJの工事なんてのは、めったに見られないでしょうから、貴重な経験かな。


GWに入り、やっと天候が安定し、概ねコンクリートやアスファルトの布設が進行しています。
いよいよ形が見えてきましたよ。

O-airのイメージ - 2008.04.19 Sat

O-airイメージ

イラスト書きました。

デフォルメしているので、正確ではありません。あしからず。



ちなみに、プール横幅が52mと想像しながら、イメージ膨らませてくださいな。




アプローチが9台、ジャンプ台は8台という構成です。
エントリー台から、ビッグエアまで、見事に順番に整列しているのです。




それぞれのスケールは、今後紹介しますね。



では、では、6月7日のオープン予定日をお楽しみに!

工事の進捗(4月14日) - 2008.04.18 Fri

o-air工事進捗

現場は、4月14日の状況です。
ちょっと、亀でごめんなさいね。


みなさん、見てくださいな。
作業するスタッフからプールの大きさをイメージしてください。


プールの幅は、なんと、、、、、、


52m


こんなの世界にないでしょ。

これが、世界最大の所以なのだそうですヨ




ちなみに、S-airのプール幅が40mですからぁ。
S-airを知っている方は想像して下さいな。
こんなでかいプールが必要なのか、
その詳細は、今後の発表をお楽しみに!



現場でしみじみと眺めてみました。
施主自身も驚きの現実なのだわね。

いやー、すごい。すごい。


最近は、雨続きで、現場は大弱り。
工程もめまぐるしく動きまくりです。



しかしながら、現場工事はまさに丁寧そのもの。
工事の皆さん、本当にありがとう!


これは、完成が楽しみですよぉ!


では、では。

工事の進捗(3月27日) - 2008.03.31 Mon

工事ではよく見かける看板

工事看板


ひと味、違います。

それは、国定公園特別地域内行為許可標識というもの。

日本国内で、たぶん初めての許可看板ではないかな。

ということで、ガッツリと工事は進行中です


アプローチや、プール位置、駐車場など粗方の造成のほうは、いい感じになってきました。

また、ご案内しますね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ウォータージャンプO-air

Author:ウォータージャンプO-air
ウォータージャンプとは、樹脂製ブラシを敷き詰めた斜面をスキーやスノーボードで滑り、ジャンプをして、水に飛び込むスポーツです。オフシーズンのトレーニングだけじゃなくあたらしい夏の遊びとしていかがでしょうか。 水に飛び込む爽快感は格別です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログカウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する